彼女はなぜ手話を使わないのだろう

LINEで送る
Pocket

この写真は、私の患者さんからの手紙と差し入れのパンです。

「河野先生へ さし入れです♡
私がはたらいているパンですが 私からパンをあげるよ。
良かったらたべてください」

kouno

沢山のパン。みんなでありがたく戴きました。

彼女は、14才の時から私のクリニックに通っています。ろう学校の生徒でしたが、学校の寮ではなく、施設で暮らしていました。そこは、ろうとほかにも障がいを持った人、「重複の障がいのある人たち」が暮らしている施設です。盲ろうの人や、ろうと知的障がいのある人とか。初めは施設の職員の方と、その後は、付添いなしで、一人で来ることもありました。今、28才。高等部を卒業して、ずっと作業所のパン作りに携わっています。もう、すっかりベテランです。

私のクリニックには、聞こえの不自由な方がたくさん来られます。毎日来られます。その方たちに少しだけ手話を教えて戴いています。それは、必要に迫られてのことです。
「どこが痛い?」とか、「血液を採って検査をしますよ」とか、「薬はのみましたか?」とか。
出産をしたご夫婦には「赤ちゃん元気?」とか。それらや、時に筆談や口を読んで戴いてなどでコミュニケーションを取っています。

しかし、彼女は、全て「書いて」と言います。一枚のメモ用紙に彼女が書き、私が書き、だから字が反対向きになったりしていますが、それをそのままカルテに貼り付けます。会話がそのままなので、私が会話をまとめて書くよりも正確です。書くスピードは速く、それで細かなことまでちゃんと会話ができます。

今回、『「デフ・ヴォイス」法廷の手話通訳士』の丸山さんの講演会にご縁が出来て、ふと、「彼女はなぜ手話を全く使わないのだろう」と考えました。かつての学校や寮や職場では、きっと手話で会話しているのだと思います。私のようなかたことの中途半端な者の手話では、十分に会話ができないと思われているのでしょう。

外国の方、たとえば英語はともかく、韓国語、中国語、スペイン語、ポルトガル語、タガログ語、などの方たちには、片言でも、単語一つでもその国の言葉を使えば、ニコッと笑顔で親しみを持って下さいます。手話をも、そのような甘い考えでいることを彼女は見破っているのでしょう。

手話は一つの言語。簡単に習得できるものなどではないことを私に突き付けているのだと思いました。きっと私はこれからも、彼女とは、筆談のみで会話を続けるでしょう。

ところで、戴いたパンの袋の中に、レジのレシートが入っていました。それで、彼女は自分の施設で作った物をちゃんと買って来ているのだとわかりました。高額でした。これはいけない、お金を払うと言ったのですが、ガンとして彼女は拒否しました。それで、施設のお店で売っている物を注文することにしました。自家製の無農薬のお米や、パンケーキやクッキーなど。もうすぐそれらが届くはずです。楽しみに待っている所です。

河野美代子

『広島ブログ』をポチッと押してください
広島ブログ

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。